【税理士】+【IFA】で行う、これからの資産運用コンサルティング

「VIX指数」とか「日経VI」なんて言葉を聞いたことはありますでしょうか?

2018.11.14 WTパートナーズお役立ち豆知識

恐怖指数ってご存知ですか?

「VIX指数」とか「日経VI」なんて言葉を聞いたことはありますでしょうか?

例えば、株価が大暴落している日の指数ボードを見ると、唯一上がっている指数がコレです。

これは将来の投資家の心理を表す指数です。別名「恐怖指数」とも呼ばれています。この指数が高いほど投資家が相場の先行きに不安を感じていると考えられています。

「VIX指数」はアメリカのCBOE(シカゴ・オプション取引所)がアメリカの主要株価指数「S&P500」を対象とするオプション取引の値動きを元に算出、公表しています。

「日経VI」は日経平均株価の相場に対する心理を表すパラメーターです。


日経VIについて詳しく見ていくと、通常は数値が20程度で推移しており、20を割り込むと相場は楽観的であることを示しリスクオンの状態となりやすくなります。

逆に20を超えてくると先行き不安が高まっており、リスクオフの状態になりやすくなります。30程度まで上昇すると底になりやすい水準と考えられます。
しかし、リーマンショックのような株価暴落局面では70程度まで上昇したこともありますので注意が必要です。