【税理士】+【IFA】で行う、これからの資産運用コンサルティング

投資信託の仕組みについて

2018.11.16 WTパートナーズお役立ち豆知識

投資信託の仕組みについて

投資信託とは、投資家から集めた資金を一つにまとめて、運用の専門家(ファンドマネージャー)が運用する金融商品です。

投資家から預かったお金は販売会社が窓口となり、運用会社は製造元として運用の専門家が株式や債券の入れ替えなどの指図を行い、信託銀行が運用会社と委託契約を結び、投資家から集めた資金を預かり・保管しています。

投資家の資金は「販売会社」「運用会社」「信託銀行」と分別して管理を行うことで、いずれかの金融機関が破綻しても預けた資金は守られる仕組みなので安全です。

また、個人では投資しにくい国や地域、資産に投資することができ、運用を専門家に任せられることで気軽に投資することができます。