【税理士】+【IFA】で行う、これからの資産運用コンサルティング

税理士+IFAという
新しいカタチ

IFAに資産運用を
相談するというメリット

IFAとは、Independent(独立系の)Financial(ファイナンシャル)Advisor(アドバイザー)の略。
元々は米国で普及した制度で、金融機関から独立して金融商品等の運用相談・仲介を行う者をいいます。日本では、内閣総理大臣の登録を受け、株や債券、投資信託などの売買の仲介をおこなうことができる業者を指します。欧米では、IFAに資産運用を依頼する人が増えています。
その大きな理由は、IFAがお客様にとって中立公正な立場であり、「顧客本位」の提案ができるということ。金融機関等に属さないIFAは会社のノルマや営業方針などに縛られることなく、本当にお客様に必要な商品提案をすることができるのです。信頼できるIFAと出会い資産運用を行うことで、米国では証券ビジネスへの顧客満足度が飛躍的に向上したと言われています。
また、証券だけでなく、保険や不動産などを取り扱えるIFAであれば、資産運用の相談先を一本化できるというメリットもあります。証券だけでなく、保険や不動産投資にも興味がある・・といった場合、いくつもの会社にご自分の資産についての相談をするのはタイヘンです。相談先を一本化することで、資産のバランスもトータルで見ることができ、よりよい資産運用が可能になります。

「なぜ税理士が資産運用コンサルティング?」

私たちWTパートナーズは、IFAであるとともに税理士でもあります。
税理士として、資産運用で成功した方、失敗してしまった方、様々なお客様の姿をみてきました。だからこそ、「お客様によりよい資産運用をしていただきたい」、「お客様の利益を最優先に考えた資産運用のご提案をしたい」と考えています。
また、資産運用を行う際には、そこから発生する税金や、その資産を次世代へつなぐための相続についてもトータルで検討することも大事であると私たちは考えています。
税理士だからこそできる“お客様にとってベストなご提案を“という姿勢を貫いていきたい。IFAとして、また税理士として、お客様に寄り添って資産を守り増やし次世代までも引き継ぐお手伝いを、必要な事務手続きを含め行うことができる。これがWTパートナーズの強みです。

ご存じですか?
「FPとIFAの違い」

個人にお金のアドバイスをするプロというと、ファイナンシャル・プランナー(FP)を思い浮かべる人が多いかもしれません。特定の金融機関に属さず顧客の資産についてアドバイスするという点で、FPとIFAは確かに似ています。ですが業務範囲が大きく異なります。FPの業務範囲がライフプランや資産のポートフォリオ作成にとどまるのに対して、IFAは購入商品の仲介、申し込みの受け付け等を請け負うことができます。

お金に関する煩わしいことは任せて
しっかり税金対策、がっちり資産運用を!